ホーム

2020年度 視覚障害者ガイドヘルパー養成研修のご案内

下記の写真は過去に実施したガイドヘルパー養成研修の様子です。

「視覚障害者ガイドヘルパー」は、障害者総合支援法の障害福祉サービスに分類される同行援護(ガイドヘルプ)を提供する専門資格です。視覚に障害のある見えない・見えにくい方たちは、道路上の段差や放置自転車、買い物での値段表示や賞味期限、飲食店のメニュー内容やバスの空席状況などが分からず困ることが少なくありません。

適切なサポート方法を学ぶことで、街で出会った視覚障害者に「お手伝いしましょうか?」と、自信を持って声をかけられます。また、同行援護事業所に登録することで、ガイドヘルパー業務に就くことも可能です。

医療・福祉関係のスタッフや接客業で働く方、また身近に視覚障害者がおられる皆さまにもぜひ学んでいただきたいと思います。